【北斗の拳】カイオウが迎えた壮絶な最期!恐ろしい性格や名言まとめ

北斗の拳 カイオウ

 

北斗の拳に登場する「カイオウ」は、原作の中で最強クラスのキャラクターとして描かれています。

 

主人公・ケンシロウですら手も足もでないほどで、その力強さに多くの読者が魅了されました。

 

そんなカイオウですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか?

 

ここでは、カイオウの意外な過去や桁違いの実力、壮絶な最期について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.カイオウが経験した意外な過去とは?

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウは幼少期から、非凡な拳才を持ち皆に慕われるという英雄の素質を持っていました。

 

しかしあまり本家に対してあまりよろしくない態度をとっていたので、本家から「お叱り」を受けてきたのです。

 

カイオウが本家を脅かすと危惧したジュウケイにより、公衆の面前で命乞いをさせられるという屈辱を受けます。

 

スポンサーリンク

 

こうしてカイオウは人望を失い、英雄としての道が閉ざされました。

 

また、幼いケンシロウとヒョウが火事の現場に取り残され、カイオウの母が助けに入り2人を助けますが母は死亡。

 

親からの愛情まで失ったことで、全ての情愛を否定する決意を固めます。

 

このように、カイオウはツラい過去を経験し性格が大きく変わったのです。

 

 

2.カイオウに見られる恐ろしい性格とは?

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 残忍
  • 卑劣
  • 冷酷
  • 他人を気遣わない
  • プライドが高い
  • 一途

 

彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

カイオウは残忍で卑劣な性格をしており、1人いた妹を自分の目的を達成するために殺害しました。

 

スポンサーリンク

 

それでも悲しむばかりか、己のために利用される事以上に価値があるものはないと断言したほど。

 

他人を一切気遣わず、プライドがとても高いんですね。

 

カイオウはとんでもなく恐ろしい性格をしています。

 

 

3.カイオウが持つ桁違いの実力がヤバイ…

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウは、誰もが驚くような桁違いの実力を有しています。

 

少年時代から「天才」と称されていただけの事はあり、最強候補筆頭のキャラクターです。

 

無想転生」という北斗神拳究極奥義を体得し、その技を使ったケンシロウを惨敗させた唯一の人物なんですね。

 

狡猾さもプラスされるので、誰も敵わないほどの力を手に入れています。

 

 

4.カイオウが見せた驚きの特技

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウは作中で、「政治手腕が優れている」という特技を見せました。

 

北斗神拳を学ぶことが許されず、修羅の国に残されたカイオウ。

 

後にジュウケイから北斗琉拳を学んで伝承者になり、修羅の国を統一して力が支配する弱肉強食の国へと変貌させました。

 

スポンサーリンク

 

修羅の国にラオウが訪れ、この国を救出するというウソの伝説を修羅の国に流したのはカイオウです。

 

この情報を流すことで、反逆者をあぶりだしてせん滅することが、カイオウの目的でした。

 

ラオウ伝説で立ち上がった反逆者たちは、ラオウの死を知らされることで途端に自滅。

 

カイオウの政治手腕が優れていることが、とてもよく分かる出来事です。

 

 

5.ラオウがカイオウを尊敬していた理由とは?

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウはラオウの実兄でありながら、ほとんど面識がありません。

 

それでもラオウは、カイオウのことを尊敬しており誇りのように感じていました。

 

それほど面識はないのに、どうしてカイオウを尊敬していたのでしょうか?

 

その理由は、カイオウが子供のころに受けていた屈辱のことを知っており、彼の悲しみを誰よりも理解していたからです。

 

「カイオウはオレの心の中でいつでも英雄」と、ラオウは発言しています。

 

もしかしたら、ラオウは彼の背中を追っていたのかもしれませんね。

 

 

6.カイオウが迎えた壮絶な最期

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウはケンシロウと対峙した際、その圧倒的な力を武器にケンシロウを叩きのめします。

 

このときトドメを刺さなかったので、ケンシロウはカイオウの弱点を見抜いていました。

 

最終決戦のとき、カイオウはそんな事情を知らずにケンシロウに挑みますが、今度は劣勢に追い込まれ敗北。

 

ケンシロウに負けたカイオウは、「自分より強い者に負けた」という現実から人の心を取り戻します。

 

瀕死のヒョウに恋人サヤカの敵を討つようにと、自分を殺せと命じます。

 

ところが、シュウは恨むどころか、彼を歪めてしまったことを謝罪しました。

 

これにはカイオウも号泣し、自らの腕でシュウを看取ると、共に溶岩に埋まって最期を遂げたのです。

 

 

7.カイオウが残したカッコいい名言特集!

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウはいくつかの名言を残しているので、以下から紹介していきますね。

 

カイオウの名言
  • 暗琉霏破!!
  • 知れたこと!最後に生き残るのは!!悪!!
  • 妹だからこそ兄のために死ぬのは当然!!許しは請わぬ、感謝もせぬ!!この世に生きるものすべて、このカイオウのためにあるのだ!!
  • 許さぬ!!その愚かな腐った心、根底から叩き滅ぼしてやるわ!!
  • 情に縛られ、愛に死す、それが何になる。すべてはおのれを制し、律するもの!!だが、悪には一切の制限はない!!悪こそこの世を制覇するのだ!!
  • 北斗琉拳、死環白!!
  • ぼつぼつ死ぬか!!
  • たとえ天地逆となってもおのれの道は変えぬ!!

 

カイオウの残忍で卑劣な性格が、名言を通してもよく分かります。

 

悪こそが正義であり、悪に勝るものは無いと本気で考えており、彼の進む道がどういったものであるかも理解できますね。

 

 

まとめ

 

北斗の拳 カイオウ

 

カイオウはツラい過去を経験しており、愛を失い悪こそが何よりも勝るものであると確信しています。

 

実力は作中でも最強クラスで、ケンシロウですら最初はあっけなく敗北したほどです。

 

命が尽きる直前に、人の心を取り戻し悪よりも愛が勝ると知り、激動の人生に幕を閉じました。

関連記事



「北斗の拳の裏話」人気記事ランキング↓

北斗の拳 カイオウ レイの過去が悲惨だった!とんでもない能力や壮絶すぎる最期
北斗の拳 カイオウ ユリアに隠された驚きの能力がヤバイ!壮絶な過去や悲しすぎる最期
北斗の拳 カイオウ サウザーの最期が感動すぎる…カッコいい名言や独裁者に変貌した理由
北斗の拳 カイオウ ケンシロウの悲惨な過去とは?待ち受ける宿命と驚きエピソード
北斗の拳 カイオウ リンの過去が悲惨…驚きの正体やバッドとの関係がヤバイ
北斗の拳 カイオウ トキが経験した悲しい過去がヤバイ!壮絶すぎる最期とエピソード
北斗の拳 カイオウ ラオウが迎えた壮絶な最期!子供のころに経験した過去や名言
北斗の拳 カイオウ ザコに共通するとんでもない裏話!死に際のセリフや驚きのエピソード
北斗の拳 カイオウ バットの過去が過酷すぎる…驚きの能力や衝撃的なエピソード
北斗の拳 カイオウ マミヤがケンシロウを好きになった理由がヤバイ…名言や悲惨な過去
北斗の拳 カイオウ カイオウが迎えた壮絶な最期…カッコいい名言や恐ろしい性格とは?
北斗の拳 カイオウ ハートの悲しすぎる過去とは?激太りした理由や壮絶な最期
北斗の拳 カイオウ ユダの最期が美しすぎる…複雑な性格や考えが歪んだ理由
北斗の拳 カイオウ シュウの最期がヤバい…盲目になった理由や感動的な名言
北斗の拳 カイオウ シンがユリアを連れ去った驚きの理由!涙を流した理由や感動的な最期
北斗の拳 カイオウ ジャギが迎えた悲惨な最期…ヒドい性格や暗殺者としての才能
北斗の拳 カイオウ アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨すぎる最期や人驚きの能力
北斗の拳 カイオウ ファルコが経験した壮絶すぎる過去や片足を失った本当の理由
ページの先頭へ戻る