【北斗の拳】シンがユリアを連れ去った理由は?涙を流した意味や最期

北斗の拳 シン

 

北斗の拳に登場する「シン」は、ケンシロウの恋敵としての立場を取るキャラクターです。

 

想像を絶するほどの実力を有しており、ケンシロウですら簡単に勝つことができませんでした。

 

そんなシンですが、とんでもない野望を抱いているのをご存知ですか?

 

ここでは、シンがユリアを連れ去った驚きの理由や涙を流した意味、感動的な最期について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.シンが経験した超意外な過去とは?

 

北斗の拳 シン

 

シンはケンシロウとユリアのことを、昔から知っており悪くない関係を築いていました。

 

ユリアを好きだったシンですが、その気持ちを打ち明けることはできないまま大人になっていきます。

 

スポンサーリンク

 

相思相愛だったケンシロウとユリアの幸せを考え、シンは身を引くつもりでしたがジャギから唆されます。

 

そうしてユリアを連れ去り、ケンシロウにとって倒す相手になったのです。

 

 

2.シンの執念深く野心家な性格とは?

 

北斗の拳 シン

 

シンは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 執念深い
  • 野心家
  • 自分勝手
  • 暴力に訴える
  • 他人を気遣わない

 

彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

気品を感じさせる容貌をしていますが、非常に執念深く野心家な性格なんですね。

 

スポンサーリンク

 

また、自分勝手で暴力に訴える性質を持ち、他人を気遣う様子は見られません。

 

北斗の拳には彼のような性格の人物はゴロゴロしてますが、シンはその中でもダントツにヒドい性格をしています。

 

 

3.シンが持つ実力がヤバかった…

 

北斗の拳 シン

 

シンは「南斗狐鷲拳」の使い手ですが、原作に登場した時点では単に「南斗聖拳の使い手」と紹介されていました。

 

十人組手にて余裕で勝利するなど、拳の天才と称されています。

 

シンは切断よりも、貫通をメインにしており、「突き刺し型」の奥義を主としているんですね。

 

南斗聖拳は、外部から突き入れて破壊する定義gあるので、彼は正統派の拳法と言えるでしょう。

 

序盤で登場するキャラクターの中では、ダントツの実力を持っておりケンシロウを一瞬で倒しています。

 

 

4.シンがユリアを連れ去った驚きの理由

 

北斗の拳 シン

 

シンは物語が開始する1年前に、ケンシロウとユリアの前に突如現れます。

 

そして持ち前の拳を武器にケンシロウを圧倒し、ユリアを連れ去りました。

 

どうしてシンはユリアを連れ去るという、卑劣な行動をしたのでしょうか?

 

ジャギから「今は悪魔がほほ笑む時代」と唆されたのも、一つの理由として挙げられています。

 

スポンサーリンク

 

しかし最大の理由は、ユリアを独り占めしたかったからというものに尽きるでしょう。

 

シンは力ですべてを掌握しようと考えていたので、ユリアの心も力を使えば曲げられると考えたのかもしれません。

 

もしそうなら、とんだ勘違いをしていたことになりますね。

 

 

5.ユリアがシンに「愛してる」と告げたのは何故?

 

北斗の拳 シン

 

シンがケンシロウ達の前に現れたとき、ユリアはシンに向かって「愛します!一生どこでもついていきます」と告げます。

 

シンの告白を受けたような印象を持ちますが、どうしてこんな発言をしたのでしょうか?

 

実はこの時、ケンシロウはユリアを守ろうと、力で劣るシンに立ち向かっていたんですね。

 

満身創痍のケンシロウの胸を指突で攻撃し、深い傷を負います。

 

何度も何度もシンはケンシロウの胸をえぐっていき、耐えかねたユリアは上記の言葉を発しました。

 

シンを好きになったのではなく、ケンシロウがこれ以上苦しむ姿を見たくなかったからなんですね。

 

 

6.シンが生まれて初めて涙を流したキッカケ

 

北斗の拳 シン

 

シンはユリアを連れ去った後、彼女を喜ばせたい一心で「サザンクロス」という都市をプレゼントします。

 

しかしユリアは、そのプレゼントの裏で大量の人間が苦しんでいるのを理解し、心を痛めていました。

 

シンはどうにかして、ユリアの関心を自分に向けさせようとしますが、ユリアはますます悲しみます。

 

ユリアは「自分が生きている限り、シンの残虐行為は終わらない」と悟り、城のテラスから身投げします。

 

それを知ったシンは、生まれて初めて涙を流したんですね。

 

結果的にユリアは無傷で生きていた訳ですが、身投げした直後は本当に死んだと思い悲しくなったのでしょう。

 

 

7.シンが迎えた感動的すぎる最期

 

北斗の拳 シン

 

シンは無傷のユリアを、「南斗五車星」に託します。

 

その理由は、ラオウがサザンクロスに攻め込んできており、ユリアをこの場所に留めては危険だと判断したため。

 

自身は、ユリア殺しの悪名を背負い、ケンシロウに挑みます。

 

1年後の再会となった両者ですが、ケンシロウが驚くほど強くなっており終始劣勢に追い込まれました。

 

ついに戦う事ができないほどボロボロになり、その場に崩れ落ちます。

 

ケンシロウは殺意むき出しで、このままでは殺される可能性は高いと判断。

 

彼の拳で殺されるのは嫌だったシンは、ユリアと同じようにテラスから飛び降りて死にました。

 

最期まで、シンはユリアを愛しており、そのために行動していたんですね。

 

 

まとめ

 

北斗の拳 シン

 

シンは物語が開始される1年前に、ケンシロウを叩きのめしユリア連れ去りました。

 

どうにかしてユリアを振り向かせようとしますが、自分の行動がユリアを追い込む結果となり落ち込みます。

 

ケンシロウとの戦いを通しても、最後までシンはユリアを愛しており悲しすぎる結末を迎えました。

関連記事



「北斗の拳の裏話」人気記事ランキング↓

北斗の拳 シン レイの過去が悲惨だった!とんでもない能力や壮絶すぎる最期
北斗の拳 シン ユリアに隠された驚きの能力がヤバイ!壮絶な過去や悲しすぎる最期
北斗の拳 シン サウザーの最期が感動すぎる…カッコいい名言や独裁者に変貌した理由
北斗の拳 シン ケンシロウの悲惨な過去とは?待ち受ける宿命と驚きエピソード
北斗の拳 シン リンの過去が悲惨…驚きの正体やバッドとの関係がヤバイ
北斗の拳 シン トキが経験した悲しい過去がヤバイ!壮絶すぎる最期とエピソード
北斗の拳 シン ラオウが迎えた壮絶な最期!子供のころに経験した過去や名言
北斗の拳 シン ザコに共通するとんでもない裏話!死に際のセリフや驚きのエピソード
北斗の拳 シン バットの過去が過酷すぎる…驚きの能力や衝撃的なエピソード
北斗の拳 シン マミヤがケンシロウを好きになった理由がヤバイ…名言や悲惨な過去
北斗の拳 シン カイオウが迎えた壮絶な最期…カッコいい名言や恐ろしい性格とは?
北斗の拳 シン ハートの悲しすぎる過去とは?激太りした理由や壮絶な最期
北斗の拳 シン ユダの最期が美しすぎる…複雑な性格や考えが歪んだ理由
北斗の拳 シン シュウの最期がヤバい…盲目になった理由や感動的な名言
北斗の拳 シン シンがユリアを連れ去った驚きの理由!涙を流した理由や感動的な最期
北斗の拳 シン ジャギが迎えた悲惨な最期…ヒドい性格や暗殺者としての才能
北斗の拳 シン アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨すぎる最期や人驚きの能力
北斗の拳 シン ファルコが経験した壮絶すぎる過去や片足を失った本当の理由
ページの先頭へ戻る