【北斗の拳】アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨な最期や能力まとめ

北斗の拳 アミバ

 

北斗の拳に登場する「アミバ」は、悪役として十分すぎる活躍をしており読者からの人気が高いです。

 

物語の途中でケンシロウにより敗北しますが、同情の余地がないこともあり特に悲しまれませんでした。

 

そんなアミバですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか?

 

ここでは、アミバの衝撃的な必殺技や人気が高い理由、さらには悲惨な最期について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.アミバの天才すぎる頭脳とは?

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバは「極度のナルシスト」という特徴があり、それが物語で大きな意味を持つようになります。

 

スポンサーリンク

 

自分を拳法においても頭脳においても「天才」と自称しており、他人から「違うよ」と言われても否定し続けるのです。

 

自尊心を強く持ち、彼の生き様は「自分が正義」というもので、終始一貫していました。

 

 

2.アミバの悪役の名に相応しい性格とは?

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバは、以下に挙げるような性格をしています。

 

  • 自分勝手
  • プライドが高い
  • ナルシスト
  • 短気
  • 他人を気遣わない
  • 残忍

 

彼はとにかく自分勝手で、「自分が一番だから、何をしても許される」と考えている節があります。

 

プライドが極端に高く、少しでも自尊心を傷つけられると激怒するのです。

 

スポンサーリンク

 

中途半端ではありますが、それなりに力があるので常人がいつも犠牲者となります。

 

残忍に扱う事でも知られており、悪役の名に相応しい性格をしていると言えるでしょう。

 

 

3.器用すぎる!アミバが持つ驚きの能力とは?

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバはケンシロウの義兄・トキと出会い、彼の技術力に感銘を受けました。

 

「奇跡の村」と呼ばれる場所で、トキは北斗神拳の秘孔の技術を応用し医療に役立ていたんですね。

 

アミバは自分を天才と称しているので、自分も同じことができると楽観視。

 

スポンサーリンク

 

道端にいた老人の足に秘孔を突きますが、予想通り失敗。

 

プロボクサーに、「パンチのスピードが倍になる」という秘孔を施そうとしていました。

 

そのため、肉体の強化の能力を持っている可能性があります。

 

さらに、「模倣の能力」は飛びぬけており、ケンシロウですからトキの変装を見抜けませんでした。

 

彼が自称しているように、一通りの事はこなせる器用さを持ち合わせているのは確かです。

 

 

4.アミバが編み出した必殺技

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバは必殺技を自ら編み出し、実戦でも使えるほど洗練させています。

 

まず彼は、北斗神拳を学んでいた訳ではありませんが、己が研究して「アミバ流北斗神拳」を創り出しました。

 

そこから派生して、以下に挙げる必殺技を編み出したのです。

 

  • 戦癰(せんよう)…アミバが新に発見した経絡秘孔。相手の上肢を外転させて動けなくする
  • 激振孔(げきしんこう)…心臓の活動を活発にし、動脈を破るまで血圧を上昇させる。
  • 鷹爪三角脚(ようそうさんかくきゃく)…壁を利用した三角蹴りをする

 

アミバはとても器用な人間で、自らが新たに経絡秘孔を発見し、技に応用させているんですね。

 

真面目に修行に取り組んでいれば、相当な拳法家になれたかもしれませんね。

 

 

5.アミバが読者から人気がある理由がヤバかった…

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバはトキの偽物を演じ、本物のトキに自尊心を傷つけられ強い憎しみを抱きます。

 

その後、カサンドラに幽閉されたトキになりすまし、奇跡の村に入り人体実験を繰り返していたんですね。

 

人間を「木人形(デク)」と呼び、技術力を完成させるフリをして、トキの評判を落とす行動にでます。

 

とても卑劣な悪役ですが、読者から人気が高いアミバ。

 

その理由は、「北斗の拳の中でも一番のネタキャラだから」というものが挙げられます。

 

ザコキャラではないアミバですが、それでもネタ感が溢れる言動をしているので読者をホッコリさせてくれます。

 

そのため、読者から人気があるんですね。

 

 

6.アミバが迎えた悲惨な最期

 

北斗の拳 アミバ

 

ケンシロウと対決したアミバ。

 

本物の北斗神拳を学んだ彼に対して、アミバは新たな秘孔を見せつけるなど有利に戦っていました。

 

次第に追い詰められたアミバは、女性を盾にしてケンシロウの動きを封じる攻撃をします。

 

ここでトドメを刺せば良いものの、何を思ったのかアミバは調子に乗ってケンシロウを傷つけ始めたのです。

 

そこにレイが乱入し、アミバはトキの偽物を演じていると暴露され、激怒したケンシロウ。

 

慕われていた部下からも逃げられたアミバは絶体絶命のピンチを迎え、「きさまは長く行きすぎた」とケンシロウに宣告されます。

 

最期はケンシロウの必殺技を受け、命乞いも叶わずビルから転落し、空中で爆散したのです。

 

ちなみに、断末魔の叫びは「うわらば」でした。

 

 

まとめ

 

北斗の拳 アミバ

 

アミバは極度なナルシストであり、自尊心がとても高いキャラクターで人気があるんですね。

 

とても器用な人間なので、トキの偽物を演じられたのも彼の技術力があったからこそでしょう。

 

最期は「うわらば」という、なんだかよく分からない叫び声をあげて人生に幕を閉じました。

関連記事



「北斗の拳の裏話」人気記事ランキング↓

北斗の拳 アミバ レイの過去が悲惨だった!とんでもない能力や壮絶すぎる最期
北斗の拳 アミバ ユリアに隠された驚きの能力がヤバイ!壮絶な過去や悲しすぎる最期
北斗の拳 アミバ サウザーの最期が感動すぎる…カッコいい名言や独裁者に変貌した理由
北斗の拳 アミバ ケンシロウの悲惨な過去とは?待ち受ける宿命と驚きエピソード
北斗の拳 アミバ リンの過去が悲惨…驚きの正体やバッドとの関係がヤバイ
北斗の拳 アミバ トキが経験した悲しい過去がヤバイ!壮絶すぎる最期とエピソード
北斗の拳 アミバ ラオウが迎えた壮絶な最期!子供のころに経験した過去や名言
北斗の拳 アミバ ザコに共通するとんでもない裏話!死に際のセリフや驚きのエピソード
北斗の拳 アミバ バットの過去が過酷すぎる…驚きの能力や衝撃的なエピソード
北斗の拳 アミバ マミヤがケンシロウを好きになった理由がヤバイ…名言や悲惨な過去
北斗の拳 アミバ カイオウが迎えた壮絶な最期…カッコいい名言や恐ろしい性格とは?
北斗の拳 アミバ ハートの悲しすぎる過去とは?激太りした理由や壮絶な最期
北斗の拳 アミバ ユダの最期が美しすぎる…複雑な性格や考えが歪んだ理由
北斗の拳 アミバ シュウの最期がヤバい…盲目になった理由や感動的な名言
北斗の拳 アミバ シンがユリアを連れ去った驚きの理由!涙を流した理由や感動的な最期
北斗の拳 アミバ ジャギが迎えた悲惨な最期…ヒドい性格や暗殺者としての才能
北斗の拳 アミバ アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨すぎる最期や人驚きの能力
北斗の拳 アミバ ファルコが経験した壮絶すぎる過去や片足を失った本当の理由
ページの先頭へ戻る