【北斗の拳】ラオウが迎えた壮絶な最期!子供時代の過去や名言まとめ

北斗の拳 ラオウ

 

北斗の拳に登場する「ラオウ」は、力ですべてをねじ伏せようとする人物で、かなりのインパクトがあります。

 

同時にケンシロウにとってのライバルとして描かれるため、読者からも圧倒的な人気を得ているんですね。

 

そんなラオウですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか?

 

ここでは、ラオウの意外な過去や桁違いの能力、壮絶な最期について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.ラオウが子供のころに経験した壮絶な過去

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウは幼少のころから、「最強の男となって、全てをこの手に握る」と考えていました。

 

伝承するに相応しい実力を持っていたものの、この危険な思想や野心の強さから北斗神拳の伝承者には選ばれなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

彼が野心が強くなった背景には、「力あるものが正義。世界を支配できる」という環境が出来ていたから。

 

ラオウは非常に難しい状況の中育ったので、野心が強くなっていったと考えられています。

 

他を圧倒する実力者ではありますが、幼少期に受けた影響が野心に繋がっているのです。

 

 

2.ラオウが持っている弱者を嫌う性格とは?

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 弱者を嫌う
  • プライドが高い
  • 一途
  • 嫉妬深い
  • 素直

 

彼の言動を確認すると、上記の性格が判明しています。

 

ラオウは常に「弱者を嫌う」という性格を出しており、物語を動かすキッカケを与えています。

 

スポンサーリンク

 

己の実力に絶大な自信を持ち、プライドが高い点が発する言葉などから読み取れるでしょう。

 

ケンシロウとユリアが婚約関係にあるのを知ると、嫉妬からケンシロウを憎むようになりました。

 

ラオウは総合的に見ると、自分に素直であると言えるでしょう。

 

 

3.ラオウの実力!剛の拳とは?

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウは北斗四兄弟の長兄にあたり、その実力は他の弟たちを上回ります。

 

彼は北斗神拳の中でも、力を武器に戦う「剛の拳」を得意としているんですね。

 

その腕力は桁違いで、素早く身軽な技を繰り出す相手であっても、容易くねじ伏せることができます。

 

南斗水鳥拳のレイが、馬上にいるラオウにダメージを与えられませんでした。

 

そもそも、ケンシロウとトキ、さらにシュウザとの戦い以外において、ラオウは血を流していません。

 

「闘気」は修行時代から並外れており、襲い掛かる巨大な虎の動きを闘気だけで静止させたほど。

 

ラオウは誰がどう見ても、原作最強候補の一人です。

 

 

4.ラオウが究極奥義・無想転生を体得できた理由

 

北斗の拳 ラオウ

 

物語中盤まで、自身が持つ絶大な力を武器に人々に「恐怖」を与えてきました。

 

しかしケンシロウと同様、彼も戦いを通して「哀しみ」を知る戦士として成長をしていきます。

 

ユリアが死の病に冒され、さらにユリアの宿命を知ったとき、ラオウは彼女を殺すことができません。

 

スポンサーリンク

 

涙を流しながら仮死状態にし、ユリアによってラオウは哀しみに目覚めます。

 

北斗神拳究極奥義・無想転生を体得できたのは、哀しみを知れたからです。

 

 

5.ラオウが迎えた壮絶な最期

 

北斗の拳 ラオウ

 

北斗四兄弟で一番実力に乏しいケンシロウを、ラオウは特に恐れていました。

 

自身の野望を邪魔するのは、恐らくケンシロウになると考えていたんですね。

 

ケンシロウの戦意を喪失させるため、ユリアを誘拐して戦いをやめさせようと企みますが上手くいきません。

 

ラオウはユリアを殺そうとしますが、彼女の事実を知ったことで殺すことはできず、ついにケンシロウとの勝負になります。

 

死闘の末、ラオウはケンシロウに敗北し、致命傷を負いました。

 

絶命する寸前に、ラオウはユリアに秘孔を突き、余命を数年ほど延ばしてあげます。

 

そして拳を高々と天に上げ、雲を切らせて青空や太陽の光を蘇らせたのです。

 

こうしてラオウは、激動の人生に幕を閉じました。

 

 

6.ラオウがケンシロウに敗れた最大の要因

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウは本来の実力を発揮していれば、恐らくはケンシロウに勝てたでしょう。

 

しかし原作ではラオウは敗北していますが、その敗因はどこにあるのでしょうか?

 

ラオウがケンシロウに敗れた最大の要因は、「愛」だと考えられています。

 

ラオウは「力が正義。愛はいらない」という考えで行動していたのですが、ケンシロウは愛を大切にしていました。

 

最終的には「愛」を受け入れるか拒絶するかが、2人の勝敗を分けたのでしょう。

 

 

7.ラオウが残した感動的な名言特集!

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウはいくつかの名言を残しているので、以下から紹介していきますね。

 

ラオウの名言
  • 我が生涯に 一片の悔いなし!!!
  • 世に覇者はひとり
  • やはり神はこの俺と戦いたがっているのだ!
  • 拳王の肉体は 砕けぬ!折れぬ!!朽ちぬ!!!
  • このラオウにもまだ 涙が残っておったわ・・
  • 見せようぞ!!世紀末覇者ラオウの死にざまを!!
  • 名もいらぬ 光もいらぬ このラオウが望むものは 拳の勝利!
  • 心魅かれた女の情けは 男にとって最大の屈辱!!
  • この世で伝承者はふたりはいらん
  • ケンシロウを捨てろ!!そして今日から このおれを愛するのだ

 

ラオウはユリアを愛しており、ケンシロウを捨てるように命じています。

 

また、ラオウは自らの生涯を振り返り、まったく悔いを感じずに昇天していることが名言を通して理解できるでしょう。

 

 

まとめ

 

北斗の拳 ラオウ

 

ラオウは意外な過去を経験しており、力を持つ者が正義のすべてだと確信しています。

 

圧倒的な実力を持ちますが、同時に野心がとても強いので北斗神拳の伝承者にはなれませんでした。

 

最終的には今まで不要と感じていた「愛」により、ケンシロウとの戦いに敗れ昇天しています。

 

彼の活躍や名言は、時代を超えて多くの読者に影響を与えているのです。

関連記事



「北斗の拳の裏話」人気記事ランキング↓

北斗の拳 ラオウ レイの過去が悲惨だった!とんでもない能力や壮絶すぎる最期
北斗の拳 ラオウ ユリアに隠された驚きの能力がヤバイ!壮絶な過去や悲しすぎる最期
北斗の拳 ラオウ サウザーの最期が感動すぎる…カッコいい名言や独裁者に変貌した理由
北斗の拳 ラオウ ケンシロウの悲惨な過去とは?待ち受ける宿命と驚きエピソード
北斗の拳 ラオウ リンの過去が悲惨…驚きの正体やバッドとの関係がヤバイ
北斗の拳 ラオウ トキが経験した悲しい過去がヤバイ!壮絶すぎる最期とエピソード
北斗の拳 ラオウ ラオウが迎えた壮絶な最期!子供のころに経験した過去や名言
北斗の拳 ラオウ ザコに共通するとんでもない裏話!死に際のセリフや驚きのエピソード
北斗の拳 ラオウ バットの過去が過酷すぎる…驚きの能力や衝撃的なエピソード
北斗の拳 ラオウ マミヤがケンシロウを好きになった理由がヤバイ…名言や悲惨な過去
北斗の拳 ラオウ カイオウが迎えた壮絶な最期…カッコいい名言や恐ろしい性格とは?
北斗の拳 ラオウ ハートの悲しすぎる過去とは?激太りした理由や壮絶な最期
北斗の拳 ラオウ ユダの最期が美しすぎる…複雑な性格や考えが歪んだ理由
北斗の拳 ラオウ シュウの最期がヤバい…盲目になった理由や感動的な名言
北斗の拳 ラオウ シンがユリアを連れ去った驚きの理由!涙を流した理由や感動的な最期
北斗の拳 ラオウ ジャギが迎えた悲惨な最期…ヒドい性格や暗殺者としての才能
北斗の拳 ラオウ アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨すぎる最期や人驚きの能力
北斗の拳 ラオウ ファルコが経験した壮絶すぎる過去や片足を失った本当の理由
ページの先頭へ戻る