【北斗の拳】バットの過去がヤバイ!驚きの能力や衝撃的なエピソード

北斗の拳 バット

 

北斗の拳に登場する「バット」は、主人公・ケンシロウと一緒に旅をするキャラクターとして描かれています。

 

最初こそ頼られっぱなしの人間でしたが、様々な人々との出会いで大きく成長するようになりました。

 

そんなバットですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか?

 

ここでは、バットの過酷な過去や、驚きの能力や衝撃的なエピソードについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.バットが経験した過酷な過去とは?

 

北斗の拳 バット

 

北斗の拳に登場するバットですが、過酷な過去を経験しています。

 

物語開始当初は、リンの村にある牢屋の中に捉えられていました。

 

スポンサーリンク

 

理由について詳しく明かされた訳ではありませんが、アニメ版の情報によるとコソ泥を働いていた所捕まったようです。

 

実はバット、戦争で両親を亡くし「トヨ」という老女のもとで育てられました。

 

しかし、孤児の中でも一番よく食べる自分がいては、他の子供たちに迷惑がかかるという理由から家出していたんですね。

 

バットは、かなり過酷な過去を経験しています。

 

 

2.バットの心優しい性格とは?

 

北斗の拳 バット

 

バットは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 狡猾
  • 利己的
  • 自分勝手
  • 一途
  • 素直
  • 他人を思いやる
  • 心優しい

 

彼の言動を確認すると、上記の性格が判明しています。

 

バットはケンシロウと出会った直後は、悪賢くて利己的な性格が全面に出ていました。

 

スポンサーリンク

 

ケンシロウと一緒にいる理由も、自分にとってメリットが大きいからというものだったんですね。

 

しかし物語が進むにつれて、本来は素直で他人を思いやる、心優しい人物だと判明しています。

 

 

3.バットが持つ驚きの能力とは?

 

北斗の拳 バット

 

バットは「機械の操作や修理」に関する能力が飛びぬけて高い人物です。

 

バギーを組み立てたり、そのバギーを操作してケンシロウと一緒に旅に同行するなどしています。

 

臨機応変な対応もピカイチであり、その場の雰囲気を理解して瞬時に行動できるほど。

 

ラオウとケンシロウ、さらにジュウザ以外を背にまたがるらせるのを許さない黒馬「黒王号」を、あっさりと乗りこなしています。

 

とても器用なので、ケンシロウから北斗神拳を伝承されていたなら、上手く使いこなしていたかもしれませんね。

 

 

4.バットが北斗の拳の本編で見せた衝撃的な特技

 

北斗の拳 バット

 

バットは「組織を引っ張る」という特技を持ち、物語において重要な働きを示すようになりました。

 

青年期になると20歳前後でありながら、「北斗の軍」を結成。

 

荒くれものの戦士が、バットに共感して共に戦おうとするのですから、カリスマ性が高いと理解できますね。

 

スポンサーリンク

 

バット自身はリンが天帝の血を引く者だと分かると、自身は一歩さがってリンをリーダーにしています。

 

現状を冷静に分析し、自分が何をするべきなのかを理解していなければ、こんな行動は取れません。

 

バットの特技は、世界に大きな衝撃を与えました。

 

 

5.バットがリンを好きだと分かる衝撃的なエピソード

 

北斗の拳 バット

 

バットはケンシロウを追いかけ、長い時間を一緒に過ごしました。

 

そこにリンが合流したので、3人は旅仲間のように常に行動を共にしたのです。

 

バットはリンに密かに恋心を抱きましたが、リンはどうやらケンシロウに夢中。

 

それを察したバットは、何度もリンとケンシロウを結ばせようと行動します。

 

ケンシロウはバットの気持ちを知っているので、リンの気持ちに応えようとはしませんでした。

 

北斗の拳 バット

 

物語の終盤、リンは記憶を失い、「最初に見た者を好きになる」という状態に置かれます。

 

そしてバットと結ばれますが、偽りの愛では不満を持っていたので、バットはリンとの関係を一方的に断ち切りました。

 

バットが死に面したとき、リンは本当に自分が好きなのはバットだと気づかされます。

 

バットは生きていたので、こうしてリンと相思相愛になりました。

 

 

6.バットに待ち受ける今後の予想がヤバかった…

 

北斗の拳 バット

 

バットとリンが結ばれ、ケンシロウがその元から去っていくところで原作は終了しました。

 

そのため、バットとリンがその後どうなったのかは、読者の想像に任せるところが大きいです。

 

多くの読者は、「バットは戦乱に巻き込まれ戦死する」という悲惨な未来を予想しています。

 

物語が集結したと言っても、北斗の拳の世界は何も変わってはいません。

 

混乱は引き続き起こるでしょうから、バットは今後大変な状況に置かれると容易に想像できます。

 

バットが死んだとき、リンはどんな行動を取るのか、誰にも分かりませんね。

 

 

7.バットが残したカッコいい名言特集!

 

北斗の拳 バット

 

バットは胸に突き刺さるような、素晴らしい名言を残しているので以下から紹介していきますね。

 

バットの名言
  • 愛する女の幸せを願ってこそ男!
  • オレは…オレはケンに会わなければ、おそらく、コソ泥のまま野たれ死にしていただろう。
  • 友の…オレたちと同じ血をもった同胞の死に応えてくれ!!

 

バットの名言を見ると、男の生き様を強く感じるに違いありません。

 

ケンシロウを心から信頼しており、ケンシロウが彼を「弟」と呼んだのも頷けるでしょう。

 

 

まとめ

 

北斗の拳 バット

 

バットは戦争で両親を失い、養ってもらっている家族のことを考えて家を出る覚悟を決めたんですね。

 

自ら厳しい環境に置くところから分かるように、バットは心優しい性格をしています。

 

最終的にはリンと結ばれてハッピーエンドとなりましたが、その後は悲惨な予想がされています。

関連記事



「北斗の拳の裏話」人気記事ランキング↓

北斗の拳 バット レイの過去が悲惨だった!とんでもない能力や壮絶すぎる最期
北斗の拳 バット ユリアに隠された驚きの能力がヤバイ!壮絶な過去や悲しすぎる最期
北斗の拳 バット サウザーの最期が感動すぎる…カッコいい名言や独裁者に変貌した理由
北斗の拳 バット ケンシロウの悲惨な過去とは?待ち受ける宿命と驚きエピソード
北斗の拳 バット リンの過去が悲惨…驚きの正体やバッドとの関係がヤバイ
北斗の拳 バット トキが経験した悲しい過去がヤバイ!壮絶すぎる最期とエピソード
北斗の拳 バット ラオウが迎えた壮絶な最期!子供のころに経験した過去や名言
北斗の拳 バット ザコに共通するとんでもない裏話!死に際のセリフや驚きのエピソード
北斗の拳 バット バットの過去が過酷すぎる…驚きの能力や衝撃的なエピソード
北斗の拳 バット マミヤがケンシロウを好きになった理由がヤバイ…名言や悲惨な過去
北斗の拳 バット カイオウが迎えた壮絶な最期…カッコいい名言や恐ろしい性格とは?
北斗の拳 バット ハートの悲しすぎる過去とは?激太りした理由や壮絶な最期
北斗の拳 バット ユダの最期が美しすぎる…複雑な性格や考えが歪んだ理由
北斗の拳 バット シュウの最期がヤバい…盲目になった理由や感動的な名言
北斗の拳 バット シンがユリアを連れ去った驚きの理由!涙を流した理由や感動的な最期
北斗の拳 バット ジャギが迎えた悲惨な最期…ヒドい性格や暗殺者としての才能
北斗の拳 バット アミバの天才すぎる頭脳とは?悲惨すぎる最期や人驚きの能力
北斗の拳 バット ファルコが経験した壮絶すぎる過去や片足を失った本当の理由
ページの先頭へ戻る